April 29, 2014

systemd 環境でデフォルトランレベルを変えるメモ

いつも忘れるのでメモっておく。RHEL7(Beta, RC)、Fedora18, 19, 20 共通。 OS 起動時のデフォルトランレベルは /etc/systemd/system/default.target にシンボリックリンクで定義されている。(※ 厳密には "target" であって "runlevel" ではないわけだが・・・)

例えばいわゆる init 5 な環境であれば graphical.target になっているハズ。

# ls -la /etc/systemd/system/default.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 37 Apr 28 12:50 /etc/systemd/system/default.target -> /lib/systemd/system/graphical.target

変えるには /etc/localtime をいじる要領でシンボリックを張り直す。

# unlink /etc/systemd/system/default.target
# ln -s /lib/systemd/system/multi-user.target /etc/systemd/system/default.target

multi-user.target はいわゆる init 3 なやつ。

# ls -la /etc/systemd/system/default.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 37 Apr 28 12:55 /etc/systemd/system/default.target -> /lib/systemd/system/multi-user.target

reboot して確認。

© Kazuhisa Hara 2014-2018